実際に借りてみて|低金利の教育ローンを上手に活用することで自分の将来をつかみ取ろう

実際に借りてみて

お金の計算

私も、大学4年間は、実際に教育ローンを利用しました。
家庭の事情もありましたが、自分でやりきりたい思いもあり、率先して利用しました。
当初は借りたお金があまりにも大金だったため、正直戸惑いはありました。
そのお金を変に使ってしまわないだろうか、目標を見失うことはないだろうか、自分との葛藤もありました。
しかし、私には大きな目標があったため、それに向かって突き進むだけだと自分に言い聞かせ、うまく活用しました。
活用する中で自分でもバイトには行きました。
バイトの費用は主に食費と教材費用に使用しておりました。
バイトでの収入は月5万円程度であったため、教材費用がかかった場合、食費が足らなくなることもあったのですが、教育ローンをうまくやりくりすることで何とか4年間もたすことができました。
私の4年間は決して裕福な学生生活とはいえませんが、それでも苦労したあの時期のことはとても良い経験であり、とても良い思い出となっております。
若いころの苦労はしておくべきだと思います。
そしてそのころ経験したことが社会人になって必ず生きてきます。
社会人になり、それなりの給料をもらえるようになってから、私は借りていた教育ローンを前倒しで返しました。
借りていることが嫌で前倒しで返したわけではありません。
学生時代に培った節約術で社会人の3年目に十分な貯金ができたため前倒しで返済したのです。
私は教育ローンを活用することで自分の夢であった大企業のエンジニアになることができました。
そして学生時代に培った節約術などを活用して、今は雑草のように強く社会に出ることができました。